2013年6月5日水曜日

Adobe製品を通信教育を利用して格安で買うか、Creative Cloudへの移行か

↓photoshopの起動画面


通信教育で格安に買う

私は、画像処理やWebサイトの制作などの作業はAdobe製品をを使っているのですが、
PCの買い替え&OSのバージョンアップで古いAdobeが使えなくなったとき、
Adobe Creative Suite 6 Design & Web Premiumを買いました。

この製品、通常のパッケージ版だと20万円以上かかりますが、
いろいろ調べた結果、10万円ちょっとで買うことができました。
もちろん通常のと同じ内容のライセンスで、商用にも使うことができます。

Adobeでは、スクールパートナーという制度により、
それに登録されている学校の授業を申し込むと、
その勉強に使うソフトとして、Adobe製品が格安で買えるという仕組みがあります。
授業料とソフトの料金がかかることになりますが、
それでもこんなに安く手に入れることができるのです。

ただ、この制度には、プラチナとゴールドというふたつのランクがあり、
通学ではなく、通信だけでもOKというのはプラチナに登録されている学校のみ。
さらに学校によって、授業内容も変わってくるので自分にあったのを選ぶといいでしょう。

以下にプラチナの学校を記載します。(連絡先一覧はこちら
たまにキャンペーンでさらに安くなることがあるので要チェック。
  • パソコンスクールISA
  • アドバンスクール
  • デジタルハリウッド
  • シンパシーコンピュータ学院
  • Winスクール
  • ヒューマンアカデミー
ちなみに私はヒューマンアカデミーにしました。
理由は、
  • 支払いがクレジットカードでもOK
  • 納品日が早い
  • すべてのソフトが動画で学べる
などですが、未だに授業は受けてません;
購入から1年ほど経ちますが、製品は問題なく使えているのでご心配なく。


Creative Cloud

Adobeでは、他に、月々数千円でソフトが利用できるCreative Cloudというのがあり、
敷居の高いAdobe製品を安い費用で使い始めることができます。

例:
通常個人版:5000円/月
単体サブスクリプション:2200円/月
※条件によって割引価格あり

Adobe自身、こちらへの移行を強く勧めていますが、
ソフトを利用する限り、ずっと料金を払い続けなければならなく、
支払いをやめると、今まで作成したファイルもそのPCでは開けなくなってしまいます。

また、一番安い年間契約だと、使わない月も払わないといけないし、
3、4つしかソフトを利用しない個人としては、なんだかもったいない。
しかも途中で契約をキャンセルするとキャンセル料もとられるし。

常に最新バージョンが必要だとか、たくさんのソフトをバリバリ使うヘビーユーザーなら
クラウドの方がいいかもしれません。

実際に利用している人たちの声


Adobeのサイトを見ると、
Adobe Creative Suite® 6製品は引き続き永続ライセンス版としてご購入いただけますが、永続ライセンス版におけるバージョンアップや新機能の提供は、予定されておりません。最新の機能やサービスをご利用いただけるAdobe Creative Cloudもご検討ください。
と記載されており、これはつまり、

今後バージョンアップをしたければクラウドにしなさい

という、Adobe様からのご命令と受け取れるので、
パッケージ版(と、そのユーザー)はどんどん追いやられてしまう感じです。

たぶん、そのうちPC側のOSが上がって、
今使っているバージョンが対応できなくなったら仕方なくクラウドに移行・・・
とか、クラウド以外のユーザーは、
Adobe様が気を変えてパッケージ版を与えてくれない限り、何かしらの対応が迫られるでしょう。

とりあえず、いつかクラウドに移行するにしても、
不足の事態(支払いの継続不能やネット接続の不具合でダウンロード不可など)で、
せっかく作成したファイルが開けないという状況を避けるために、保険という意味でも、
上記でご紹介した学校で、最新版の永続ライセンスを仕入れておくのが安全だと思います。


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです(ボタンは記事の一番下)↓



0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...