2021年6月19日土曜日

コーカサス旅行記#53-デモで道封鎖!予定変更で訪れた「アグダラ修道院」

旅行時期:2018年10月

7日目

ランチの後再び観光開始。

=====ガイド=====
これからの予定は、ここから30分ほどかけて世界遺産のサナヒン修道院に向かう。この修道院はハフパト修道院と同じ時代の10~13世紀に建てられたもので、ハフパト修道院より10年だけ古い。「サナヒン」というのは、「ハフパト修道院より古い」という意味。

ソ連時代の戦闘機「ミグ」をつくったのは「ミコヤン」というアルメニア人。そのミグが展示されている博物館にも寄る。

今いるアラヴェルディの街は、アルメニアの中でも古いスタイルを保っている場所。人口は5000人ほどの小さな町だが、鉱石の産業でとても豊か。
胴の鉱山がたくさんあり、昔はアルメニア人だけでなく周辺の国の人がたくさん働いていた。今はほとんどがアルメニア人。
アルメニア人全体の20%は失業しているが、鉱山のあるアラヴェルディでは、みんな仕事についていた。

アルメニアの首都エレバンからジョージアのトリビシまで走る鉄道がある。1980年に完成し、外国まで行ける鉄道はこれだけ。
===============

綺麗な景色を車窓から眺めていると、車が渋滞してたくさんの人が集まっているのが見えました。 ドライバーさんが状況を確かめにいくと、どうやら政府に対しての抗議デモが行われているらしく、あと4時間は道が通れないとのこと。
 
次に向かうサナヒン修道院はこの道でしか行けないのですが、ここで車が動けなくなるとあとの予定が大幅にくるってしまうので、今回はあきらめて他の修道院に行先を変更することになりました。

2021年5月8日土曜日

コーカサス旅行記#52-アルメニアの世界遺産のパン「ラヴァシュ」とBBQのランチ

旅行時期:2018年10月

7日目

「ハフパト修道院」の見学後は、近くのレストラン「FRLORA」でランチ。



=====ガイド=====
メニューは、アルメニアのパン「ラヴァシュ」や豚肉のバーベキュー「ホロヴァッツ」。アルメニアの豚肉のバーベキューは世界一美味しいと思う。
「ラヴァシュ」は、ユネスコの無形文化遺産になっている。食べ方は、チーズとかトマトなどを巻いて食べるのが一般的。
===============

2021年3月21日日曜日

コーカサス旅行記#51-アルメニアの世界遺産「ハフパト修道院」02-芸術的なハチュカル他

旅行時期:2018年10月

7日目

いったん外に出て、会議室だった建物へ。

=====ガイド=====
12世紀に創建され、ここもガヴィットのスタイル。
昔、ソ連時代に入るまでは、アルメニアの教会はとても強く、王様よりも強かった。そのため、重要な会議があるときはここにみんな集まって話しをした。
ここは会議室だが祭壇もある。これは、戦争中などで急に誰かが入ってきても、会議をしているとバレないようにするため。会議には必ず神父様も参加した。
===============




2021年2月20日土曜日

自宅でお店の味を楽しもう!温めるだけのお惣菜お取り寄せグルメ3選

 

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が増えて、家で食事をする機会が多くなりました。  

基本的には自炊をしていますが、だんだん自分の料理の味に飽きてきたので、通販でお惣菜のお取り寄せをしてみたところ、どれもクオリティが高くてビックリ。  
もっと早く利用すれば良かったと思いながら、数日おきくらいにその日の気分で選んでいます。  

そこで、これまでお取り寄せして美味しかったおすすめグルメをご紹介!
どれも冷凍で保存ができ、温めるだけでOKなものばかりなので、お手軽にお店の味を楽しめますよ。ぜひご賞味あれ!


1.京都の100%手作り安心のお惣菜 18品自由に選べるバイキングセット

60種類の中から好きなものを18品選べるオリジナルセット。すべて手作りで、大量生産や作り置きはせず、注文を受けてから製造するため、いつでも作り立ての美味しさをお届け。食品保存料、着色料、人工甘味料は不使用です。
 


2.恵比寿で予約の取れない名店「賛否両論」の和食ギフト

東京・恵比寿で予約の取れない名店として有名な「賛否両論」。料理人笠原将弘が、おいしさ、香り、食感にこだわって監修しました。 皮付き豚バラ肉を柔らかく煮込んだ「豚角煮」、鶏もも肉で、いんげん・ごぼう・にんじんを巻き香ばしく焼いた「鶏の野菜巻 山椒風味」など6品の詰め合わせ。

2021年1月31日日曜日

コーカサス旅行記#50-アルメニアの世界遺産「ハフパト修道院」01-教会内部

旅行時期:2018年10月

7日目

ジョージアの国境から約30kmの場所にあるハフパト村の「ハフパト修道院」へ。

=====ガイド=====
アルメニアの教会は、カトリックやロシア正教とも違い、アルメニア使徒教会で、アルメニアだけのもの。

これから様々な修道院や教会を見学するが、ジョージアなどと違って、キリスト教でない人はスカーフを被らなくても大丈夫。

ハフパト修道院では、10世紀から13世紀の建物を見ることができる。建物は固い玄武岩でできており、アルメニアにある教会などはどこでも使われている。
ハフパトとは「強い壁」という意味で、これまで地震や戦争などでも倒れなかったからこの名で呼ばれるようになった。
しかしそれ以前は、太陽が昇ると最初に教会に光が射したことから「聖なる光」という意味の「スビリシ」と呼ばれていた。1996年に世界遺産に登録されている。

修道院というのは、修道者がいて神父さんが住んでいたところで、教会というのは教会だけがあるところ。ハフパト修道院には18世紀まで神父さんが住んでいて、教会もある。
===============