2019年4月17日水曜日

コーカサス旅行記#11-バクーのビューポイント「シャヒドゥラール広場・殉教者の小道」

旅行時期:2018年10月

3日目

8時ホテル出発。
今日は325キロ移動し、シェキの町まで行きますが、その前に1934年にできたバクーのビューポイント「シャヒドゥラール広場・殉教者の小道」に立ち寄ります。

=====ガイド=====
ここは、ゴルバチョフが統治していたソ連時代末期の1990年1月20日(黒い1月事件)におきたソ連赤軍の侵攻や、アルメニアとの戦争で亡くなった一般人、第一次世界大戦でアゼルバイジャンと戦ったトルコ兵1130人を含む、15000人が埋葬されている場所。慰霊碑などがある。

また公園になっていて、カスピ海やバクーの町を一望でき、2012年にできたバクーのシンボルのフレームタワー(約190mで38階建て)もよく見える。フレームタワーは3つの炎を表現している。

国会議事堂も近くにあり、125人いる国会議員のうち、31%は女性。
=============











2019年3月17日日曜日

コーカサス旅行記#10-「INTOURIST HOTEL」の朝食

旅行時期:2018年10月

3日目

朝起きて外を見ると、今日もどんより曇り空。カスピ海がくすんで見えます。。。
テンションが下がる中、ホテルのレストランで朝食。





2019年3月10日日曜日

コーカサス旅行記#09-バクー市内のレストラン「Restaurant Kohne Sheher」でディナー

旅行時期:2018年10月

2日目

ホテルで一息し、夕食へ出かけます。
今夜のレストランはバクー市内にある「Restaurant Kohne Sheher」。
お店の入り口で陽気なシェフに迎えられ中に入ると、異国情緒満点のインテリアで飾られたかわいらしい空間が広がっていました。







2019年3月3日日曜日

コーカサス旅行記#08-バクー市内のホテル「INTOURIST HOTEL」に宿泊

旅行時期:2018年10月

2日目

観光後、カスピ海の目の前に建つ今日のホテル「INTOURIST HOTEL(インツーリストホテル)」にチェックイン。
落ち着いた図書コーナーなどもあり、ホテルでの時間もゆっくり過ごせそう。









2019年1月31日木曜日

コーカサス旅行記#06-アゼルバイジャンの世界遺産バクー旧市街散策

旅行時期:2018年10月

2日目

シルヴァン・シャー宮殿を後にし、旧市街を散策。
石畳の細い路地が入り組み異国情緒満点です。
旧市街の中には、小さなホテルやお土産屋さん、レストラン、アート作品の工房などがあり、この中だけでもいろいろ楽しめそう。