2019年11月17日日曜日

コーカサス旅行記#25-土の中で発酵?ワイン発祥の地ジョージアでワイナリー見学

旅行時期:2018年10月

4日目

ほろ酔い気分でバスに乗り、次はクラヴェリの町にある「キンズマラウリ・ワインハウス」へ。
さすがにワインの生産地だけあって、ブドウ畑があちこちに広がっています。











2019年10月26日土曜日

コーカサス旅行記#24-おすすめのジョージアワインは?ジョージアの民家でワインランチ

旅行時期:2018年10月

4日目

動物が草を食む長閑な景色を眺めながら、ニノさんによるジョージアについてのご案内。








=====ガイド=====
「ジョージア」という名前は英語読みで、ソ連時代にはロシア語で「グルジア」と呼ばれていた。しかし、ジョージア語では「サカルトヴェロ」といい、ジョージア人はそう呼んでいる。この意味は「ジョージア人が住んでいる場所」という意味。

ジョージアの国旗は白地に赤い十字架が5つあるファイブ・クロス・フラッグ。聖ゲオルギウス十字とエルサレム十字が四隅に配され、大きな十字架はキリストを意味し、4つの十字架は4福音者を表している。聖十字が色々な方向からジョージアを見守るという意味が込められている。

ジョージアは東ジョージアと西ジョージアに大きく分かれている。西は黒海があり亜熱帯気候、東は乾燥した気候。
ジョージアの北側には大コーカサス山脈があり、高さは2500mから始まる。一番高い山はシュハラ山で5201m。

キリスト教のジョージでは、埋葬は土葬で火葬は認められていない。理由は旧約聖書にあり、神様が人間を土から創ったとされているため、土に戻る土葬となっている。お墓の場所は政府によって決められている。

ジョージアは9の地方があり、今はカヘティ地方にいる。ゴンボリ山脈が走り、それを境に東側が「内カヘティ」、西側が「外カヘティ」。内カヘティの主な川はアラザニ川で、外カヘティはイオリ川。アラザニ川の土はとても豊かで野菜や果物はジョージアで一番おいしい。

さらにカヘティ地方はワインが有名で、ブドウも多く育てられている。ワインの作り方が独特で、無形文化遺産にも登録された。8000年前のワインのツボが発見され、ワイン発祥の地として知られている。現在全ジョージアでは500種類以上のブドウが栽培されているが、昔はもっと多かった。

一番有名な赤ワインはサペラヴィ、一番古くて有名な白ワインはルカツィテリという。自分がお勧めするのは、白はキシとチドリ、赤は西ジョージアのクワンチュカラ。他にも珍しいものでは、ウサテラウリという赤ワインがあり少し値段が高い。



※ツボのマークがあるのはジョージアスタイルのワインという意味




=============

2019年10月22日火曜日

コーカサス旅行記#23-アゼルバイジャンから国境を越えてジョージアへ

旅行時期:2018年10月

4日目

シェキバザールを楽しんだ後は、いよいよジョージアへ向かいます。
まずはアゼルバイジャン側のバラカン国境までドライブ。











2019年10月12日土曜日

コーカサス旅行記#22-早朝のシェキバザール

旅行時期:2018年10月

4日目

8時ホテル出発。
今日はアゼルバイジャンを後にし、国境を越えてジョージアへ入ります。

その前に、せっかくなので、近くのシェキバザールに寄っていくことになりました。
朝のバザールはどこの国でも活気があり、見学するのには一番楽しい時間かも。











2019年9月29日日曜日