2018年11月11日日曜日

コーカサス旅行記#03-「Ateshgah(アテシュギャーフ)」でランチ

旅行時期:2018年10月

1~2日目

見学後、すぐ近くにある寺院と同じ名前のレストラン「Ateshgah(アテシュギャーフ)」でランチ。
「アテシュ」とは「火」、「ギャーフ」は「家」という意味だそう。

お店は、ステージも完備している観光客向けのレストランです。






メニューは、肉と野菜がはさまったクタブや、トルコでも有名なブドウの葉で具材を包んだトルマ、スイカのシロップ漬け、チャイなど、中央アジアや中東を感じさせる料理です。
また、この辺りはワインも美味しいということで、数人で赤ワインのボトルを頼んでシェアしてみました。



2018年11月4日日曜日

コーカサス旅行記#02-火が燃えるアテシュギャーフ(拝火教寺院)

旅行時期:2018年10月

1~2日目

空港の外に出ると、あいにくの雨模様で肌寒い。
用意されていたバスはかなり大きく、一人3席くらいはいけそうな感じです。カメラやなんだかんだで荷物が多いので、これはありがたい。






アゼルバイジャンでガイドをしてくれるのは、日本大使館でも勤めていたことがあるというベテランガイドのバラシュさん。
一見気難しそうなおじさんですが、日本人が好きという親日家。

2018年10月28日日曜日

コーカサス旅行記#01-カタール航空ドーハ経由でアゼルバイジャンへ

旅行時期:2018年10月

1~2日目

10月上旬、10日間の日程でコーカサス旅行に出発。
今回の参加者は14名です。

成田空港から22時20分発のカタール航空で、まずはカタールのドーハまで。ここまでの行程は、今年2月に行ったオマーン旅行と同じです。

ただ今回違ったのは、出国手続きの際の顔認証システムの導入。
読み取り機にパスポートの顔写真のページをあて、カメラが顔を撮影し自動で照合。そして、出国スタンプは申告制で、言わないと押してもらえません。

このシステムに導入によって審査側が楽になったのかもしれませんが、読み取り機から審査カウンターまでの導線がうまくいってなく列がグダグダ。このあたりは、改善されることを期待したいです。

定刻より少し早めに搭乗が開始され離陸。
その後、0時近くと、翌朝の2回機内食が出ます。







2018年10月21日日曜日

コーカサス旅行ダイジェスト

10月上旬にコーカサス(アゼルバイジャン、ジョージア、アルメニア)に行ってきました。
天気のいい昼間は暑くなりますが、朝晩や山岳地方はけっこう寒く、紅葉も始まっていてすっかり「秋」という感じ。
食事も美味しく、期待していたワインもたくさん味わえました。

まずはほんの一部ですが、写真でご紹介します。











2018年10月3日水曜日

次の行先はコーカサス

オマーン旅行記が完成したばかりですが、明日からコーカサスに行ってきます。




コーカサスとは、黒海とカスピ海に挟まれたアゼルバイジャン、ジョージア、アルメニアの三カ国からなる地域で、地球の歩き方だと「ロシア」の中にちょこっとだけ記載があります。

2018年9月29日土曜日

オマーン旅行記#38END-カタール航空でマスカットからドーハ経由で成田まで

旅行時期:2018年2月

6~7日目

満腹のお腹をかかえて、マスカット国際空港へ。




空港の入口のセキュリティチェックのところでラサールさんとお別れ。
短い間でしたがお世話になりました。

中でチェックインを済ませ、搭乗時刻まで解散。お店がたくさんあるので時間もつぶせます。
お土産をいろいろ見て周りましたが、総じて高い。普通のキーホルダーが900円、ボールペンが300円くらいするので、何か買うなら外で購入したほうがいいかも。