2022年5月22日日曜日

コーカサス旅行記#61-アルメニアの至宝!ノラヴァンク修道院の未完の階段が残るアストヴァツァツィン教会

旅行時期:2018年10月

8日目

レストランを後にし、建築家モミックの最後の傑作でアルメニアの至宝とも称されるノラヴァンク修道院へ。



=====ガイド=====
ヴァヨツ・ゾル地方にあるノラヴァンク修道院は、アルメニア使徒教会の修道院で、オリベリヤン時代の1205年に建築家モミックによって建てられた。

ノラヴァンクは、「新しい修道院」という意味。なぜ「新しい」のかというと、他のアルメニアの教会と比べると別のスタイルの建築となるため。
ノラヴァンク修道院が建つ前にも教会があったが、地震で倒壊してしまった。ノラヴァンク修道院も戦争で壊れたが修復された。

ノラヴァンク修道院では、アストヴァツァツィン教会、ステファノス教会、グリゴール教会の3つの教会を見ることができる。
アストヴァツァツィン教会のところに10世紀ごろまで別の教会があり、地震で倒壊。その後、オリベリヤンのお墓を作り、その上に現在の教会を建てた。

アルメニアの教会では、普通アダムのことは描かないが、ノラヴァンクではモミックによって描かれている。キリストと聖マリアと共に見ることができる。
ここも修道院なので、会議室や図書室もあったが、倒壊後は教会だけ修復されたため今は見ることができない。

モミックについての伝説がある。
トルコのキリキアにいたモミックは、彼が作った建築物に惚れたオリベリヤンの王(正確には王ではないがその代わりの偉い人)によってアルメニアに呼ばれ、この地に教会をいくつも作った。

モミックはオリベリヤンの王の娘のことが好きになった。
そこで、王がモミックに、もし自分のために特別なスタイルの教会を作ったら娘と結婚してもいいと言った。
モミックは約束通り作ったが、完成間近に、約束を守りたくない王に殺されてしまった。
教会の階段から落ちて死んだが、それが理由で階段は最後まで造られていない。ここにある十字架はモミックが最後につくった十字架とされている。
===============
まずは、未完の階段がある聖アストヴァツァツィン教会へ。









=====ガイド=====
1階は、オリベリヤンの王族のお墓があり、その上に教会が建てられてた。
外壁に描かれている上部の十字架は、通常は葉っぱのようなデザインだが、そうでないデザインになっている。

その下には、1世紀にアルメニアにキリスト教を伝えにきたときに、キリストを射した槍を持ってきたタダイとバルトロマイのレリーフがある。何かを持っているが槍の形ではなく、イエスキリストの名前の最初の文字が書いてある。
下の方の絵は、マリアにだっこされているキリストと天使。
===============

1階のお墓は、半地下になっていてちょっと薄暗い。いかにもお墓という雰囲気です。




外壁にある未完の階段は上ることができ、上の礼拝堂まで行くことができます。手すりもなく幅も狭いのでちょっと怖いですが、せっかくだし上がってみました。





天上は明り取りがあるドームになっていて、そこから小さな鐘がつるされています。堂内は特に綺麗な壁画があるとかではなく、非常にシンプルな造り。
ここの入り口に立って、下から写真を撮るのが定番になっているようで、私も撮ってもらいました。(階段の上り下りには注意)

【関連リンク】

↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)





0 件のコメント:

コメントを投稿