2014年7月18日金曜日

2014年夏休み旅行先人気ランキング

いよいよ夏休みが始まりますが、地球の歩き方から今年の旅行先人気ランキングが発表されています。



国内

1位:京都
2位:札幌
3位:大阪
4位:那覇
5位:伊勢・二見
6位:東京23区
7位:出雲・大田・石見銀山
8位:沖縄の離島
9位:長野・戸隠・小布施
10位:箱根

盆地で暑い京都が1位に来ているのは私的に意外でした。
2位から4位は順当な感じですね。大阪はUSJのハリーポッターがオープンしたので上位にランクインしたのかもしれません。

8位から10位は、夏休みの行き先としてはもう少し上にくるような気もしたのですが、伊勢神宮や出雲大社、世界遺産の石見銀山などは、テレビなどでも取り上げられ注目のスポットなので人気なのでしょう。

そして、我らが東京は6位ということで、ちょっといじりにくい位置ですが、東京23区ではないディズニーランドの行き帰りに寄ったりすることも考えると、もう少し上でもいいのかなとも思いました。

さて、次は海外偏です。


海外

1位:ハワイ
2位:台湾
3位:スペイン・ポルトガル
4位:フランス
5位:中欧(ポーランド、チェコ、クロアチアなど)
6位:スイス、オーストリア
7位:イタリア
8位:フィリピン、インドネシア(バリ島など)
9位:ドイツ
10位:トルコ


この結果もちょっとビックリしたのですが、地理的に近い中国と韓国が姿を見せていません。韓国は16位で、中国は20位以内にも入っていないのですが、やはりここ最近の関係悪化が影響しているのでしょう。

また、アメリカは12位なのですが、長い間定番の旅行先だったのですでに行ったことのある人が多く、地理的に遠いことから、それだけの時間と費用をかけるなら、今度は別の国に行ってみようということになっているのかも。

同じ理由から、欧州でも人気のフランスやイギリス(13位)などのメジャーどころを押さえ、スペイン・ポルトガルが3位に躍進しているのも分かる気がします。

さらに注目は、5位にランクインした中欧。こちらもテレビの旅番組などで取り上げられた影響で人気が出たのだと思いますが、それによって旅行会社もその方面のツアーを多く出し値段も安くなってきたので、行き先の候補に挙がることが増えたのではないでしょうか。

そして、私も去年訪れたトルコが10位にランクイン。
見所満載で親日国ということで、もう少し上位にくいこむかと思ったのですが、こちらももう行ったことのある人が多いのかもしれません。
これからは暑い時期ですが、降水量は少なくなるので写真を撮るにはいいと思います。



上記のコメントはすべて私の勝手な推測ですが、夏休みの計画をまだ立てていない方は、このランキングを参考にあれこれ考えてみてはいかがでしょうか。


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)




0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...