2016年9月13日火曜日

野地温泉旅行記#05-野地温泉ホテルの「天狗の湯」

旅行期間:2016年8月

1日目

野地温泉ホテルには男女専用のお風呂以外に、「千寿の湯」、「鬼面の湯」、そして「天狗の湯」があり、3時間ごとの男女入れ替え制となっています。各部屋や館内にその時間が書かれた案内があるので、確認してから行きましょう。

また、各浴室の入り口には、今現在、男女どちらの時間帯かがわかるランプが設置されていますが、時間になると自動的に男女が変わるので、切り替え時間ギリギリでの入浴は気をつけてください。






さて、夕食の後は、女性タイム中の「天狗の湯」へ入りに行きました。





天狗の湯は、長方形と八角形の湯船が繋がっている面白い造り。長方形の方が内湯になっていて、そのままお湯につかりながら八角形の露天風呂のほうまで移動できます。天井も高く、内湯と露天風呂の境目がガラス戸になっているのでとても開放的。露天風呂のほうには屋根があるので、雨が降っても濡れずに入ることができます。












暗くなるとほんのりとライトが点され、内湯から続く露天風呂のお湯がブルーがかった乳白色に浮かび上がりなんとも幻想的。涼しい夜風に吹かれながらいつまででも入っていたくなるお風呂です。


こちらの記事も参考に
標高1200mの濁り湯!福島「野地温泉ホテル」の多彩なお風呂で温泉三昧


野地温泉ホテル


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)





0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...