2014年2月10日月曜日

上野恩賜公園散策と国立科学博物館見学#02-重要文化財寛永寺清水観音堂と五條天・花園稲荷神社

弁天堂の後は、その直線状にある重要文化財の寛永寺清水観音堂へ。
こちらは、寛永8年(1631年)に京都の清水寺を模して建てられ、清水の舞台からは不忍池や弁天堂が見えます。

 

 



 



さらに、歌川広重の「名所江戸百景」で描かれた「月の松」が、2013年12月に150年ぶりに復活し、その輪になった松の枝の中に弁天堂の姿を見ることができます。
輪の真ん中に弁天堂をおさめるには、松の真ん前に立たなければならないため、順番待ちして写真を撮りました。

 






清水観音堂の後は、しばらく公園内を歩いて、五條天神社と花園稲荷神社へ立ち寄ってみました。
公園から行くと、赤い鳥居が立ち並ぶところに出るので、その脇の坂を下って下の方からまわってみます。




まず、五條天神社があり、その隣に花園稲荷神社が並んでいます。
階段を上って鳥居の道を歩いていくと、さきほどの場所に出るのですが、その鳥居の小道がとてもいい雰囲気で、都会の真ん中とはとても思えない。

 

 





 


東京にこんなところがあったなんて知らなかったな~


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)




0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...