2016年6月8日水曜日

中国湖南省旅行記#11-天子山山頂からの絶景とスリル満点のロープウェイ

旅行期間:2016年4月~5月

2日目

次に天子山山頂の「賀龍公園」へ向かうべくバスに乗り込みます。
途中、ここに暮らす少数民族の家や畑を見ながら、30分ほどで山頂のバス停へ到着。
山頂は広くて立派な公園となっていて、なんとマックもありました(しかも大きい)。

 



 





もはや秘境感はまったくありませんが、展望台から見える景色はやっぱり絶景。特に筆のような細い石柱が連なる「御筆峰」は、これまでとはまた違った奇岩で美しい。その反対側からは、「仙女献花」という女性が花を撒いているように見える岩もあります。
公園の奥まで行くと「天子閣」という塔も建っているので、時間があれば上ってみるのもいいでしょう。
これまでの場所と比べるとかなり広いので、ゆっくり見たい場合はここがおすすめ。









 


十分景色を堪能したら、ぜひ天子山ロープウェイを利用して麓まで下りてみてください。
私たちが乗り場に行くと、何かの調査中で運転再開まで40~50分ほど待たされましたが、一旦乗ってしまえば、ニョキニョキ立つ石柱の間を通っていき、より間近に奇岩の景色を見ることができます。迫力はもちろん、高度感もかなりありスリル満点。

 

 

























 


ロープウェイから下りた後は、再びバスに乗って武陵源ゲートへ戻ります。

 


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)





0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...