2016年3月27日日曜日

薬研温泉旅行記#06-味付昆布に感心「ホテルニュー薬研」の朝食

旅行期間2016年3月

2日目

薬研温泉 ホテルニュー薬研」の朝食は、夕食の時とは別の食事処でいただきました。
一階にあるので、窓からはまわりの自然豊かな景色を見ることができます。

 


バイキングではなく一人一人にセットされた御前で、朝から帆立の貝焼き(型の皿を使用)もありました。








他にも中央のカウンターにパンも用意されトーストすることも可能。
飲み物は、リンゴジュースやミルク、コーヒーなどがあり好きなものを自分で取りに行きます。



今日の朝食で目を引いたのは、おそらく覚えている限り初めて見た「味付昆布」。よくある味付海苔の昆布版で、海苔と同じようにご飯を巻いて食べるのですが、このアイデアに思わず感心。パラパラとすぐに崩れるので、ふりかけのようにして食べるのもいいかも。

↓下北半島の大間町から直送


新しい発見もあった温泉地らしい朝食でした。


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)




0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...