2016年1月2日土曜日

キルギス・カザフスタン旅行記#51-満天の星空が広がる標高3016mのソン・クル湖畔でユルタ泊

旅行期間:2015年7月

6日目

ソン・クル湖畔の草原には、遊牧民のユルタがいくつか固まって設置されていました。
今夜はこのユルタに宿泊します。








このユルタ群には食堂やキッチンもあり、ちょっと離れたところにトイレがあります。
キッチンではすでに私たちのための食事が作られていました。






手洗い用の水入れ




バケツに水をくんで入れる




燃料になる馬糞




干されている羊の皮




地面を見ると、小さなエーデルワイスの花があちこちに咲いています。





ひとつのユルタに3~4人で分かれて入り、それぞれ小さなベッドが割り当てられました。寝具もちゃんとついています。




夕食の時間になったので、ダイニングユルタへ入ります。
中には綺麗なテーブルクロスがかけられたテーブルが並び、サラダやパンがセットされていました。
今日のメインはドゥンダマというじゃがいもと牛肉、野菜のキルギス風の煮もので、これがまさに日本の肉じゃがのようでとても美味しい!



 

 




食後にいただくお茶は、煙突付の変わった機器に入れられたお湯でいただきます。
この中に炭を入れて温度を保つようなのですが、このお茶もとても美味しくて何杯もお代わりしてしまいました。




夕食後はお待ちかねの星空観賞。
標高が高く周りに人工的な明かりがないので、それは見事な星空を見ることができました。ここまで来てよかった~と思えた瞬間です。








夜は、持ってきた衣類をみんな着こみ、乾燥と防寒対策を兼ねてマスクをして眠りにつきました。
※ユルタ泊の注意点については、キルギス・カザフスタン旅行のお役立ち情報をご覧ください。


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)




0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...