2015年3月10日火曜日

スリランカ旅行記#23-クワドラングル#3(世界遺産ポロンナルワ遺跡)

旅行期間:2015年1月

3日目

続いて、ワタダーゲとハタダーゲです。
こちらも靴と帽子を脱いで中に入ることができます。

まずはワタダーゲから行ってみました。
円形の建物に素晴らしい彫刻が刻まれ、中央に仏像が並んでいます。
























続いて向かいのハタダーゲ。
サンスクリット文字の碑文が残っています。60日で作ったのだそう。






















ハタダーゲを出ると隣に1187年に作られた長さが約9mもあるガルポタという石の本があり、その向こうに今にも崩れそうな仏塔サトゥマハル・プラサーダが建っています。








これでクワドラングルの見学は終わり。
本来の入口から退場です。
ポロンナルワ仏教の中心地だというだけあって見ごたえがありました。







 


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)




0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...