2018年2月25日日曜日

オマーン旅行記#01-カタール航空利用で成田からドーハ経由でマスカットまで

旅行時期:2018年2月

1日目

今日から7日間のオマーン旅行に出発。
今回のツアーは17名の参加だそうで、想像以上の多さにびっくり。マイナーな国なのによくこれだけ集まったものだ。

成田空港のラウンジで一息ついたあと、カタール航空のカウンターでチェックイン。
カタール航空はワンワールドに加盟しているので、JALのマイレージカードが使えます。
チェックインの時、リチウム電池や乾電池などは手荷物の方に入れておきましょう。預ける方に入れるとひっかかる場合があるそうです。

オマーンの首都マスカットまでは、22時20分発の飛行機でカタールのドーハ乗り継ぎで向かいます。時間通り搭乗が始まりましたが、飛行機は定刻より20分ほど早く出発。



2018年2月18日日曜日

アラビア半島のオマーンから帰国

昨日、アラビア半島にあるオマーンから帰国しました。
今回は北オマーンを中心に、マスカットやニズワの市内観光、渓谷やオアシスなどをハイキングするという内容。想像以上にスケール大きな大自然の景観に感動の連続でした。

今日はその一部を写真でご紹介。











2018年2月10日土曜日

オマーンに行ってきます

明日からオマーンに行ってきます。




オマーンはアラビア半島のはしっこにある国なのですが、地球の歩き方でも「ドバイとアラビア半島の国々」でひとくくりにされ、ほんの60ページほどしか書かれていません。

2018年2月8日木曜日

ミャンマー旅行記#65END-全日空直行便でヤンゴンから成田へ

旅行期間:2017年2月

6~7日目

これで今回のミャンマー旅行のスケジュールはすべておしまい。このまま空港へ向かいます。
約20分ほどでヤンゴン国際空港に到着し、チェックイン。ここでガイドをしてくれたワナさんともお別れです。1週間お世話になりました!





2018年2月4日日曜日

ミャンマー旅行記#64-アウンサン将軍所縁の「ハウス・オブ・メモリーズ」でディナー

旅行期間:2017年2月

6日目

スーパーでお土産を買った後は、「ハウス・オブ・メモリーズ」というレストランでミャンマー最後の食事です。
このお店は、アウンサン将軍が使っていた建物をレストランとして利用していて、店内には当時使っていた執務室や家具、家族の写真なども展示されています。

お店の前まではバスは入れないので、大通りで降りて歩いて向かいます。途中に、「江戸鮨」という日本食レストランもありました。








そのすぐさきに「ハウス・オブ・メモリーズ」の立派なお屋敷が建っています。
100年以上の歴史があるコロニアル様式の建物は、色使いや形がとてもおしゃれで、これは食事をするだけではもったいない。





2018年1月25日木曜日

ミャンマー旅行記#63-地元のスーパーでお得に買い物

旅行期間:2017年2月

6日目

再びバスに乗り、地元のスーパーで買い物。
サッカースタジアムや中央駅の近くにある小さなお店です。






小さいと言っても品数はなかなかなもので、インスタント製品もご覧のとおり。





2018年1月22日月曜日

ミャンマー旅行記#62-ヤンゴンの中心地スーレー

旅行期間:2017年2月

6日目

サクラタワーで一息ついたあと、ヤンゴンの中心地スーレーへ。

=====ガイド======
歴史的価値のある建物がたくさん集まっているスーレーという場所へ行く。
その途中に、2007年にお坊さんを始めとした人たちが政権に対して反政府デモをしたときに、日本人ジャーナリストの長井健司さんが殺された場所がある。キャノンのお店の手前。




宗教的にも興味深い場所で、仏教のスーレー・パゴダ、イスラム教のモスク、キリスト教の教会、ヒンズー教のお寺がある。こういう場所は世界でもここだけ。また、裕福な階層から貧困層までいろいろなレベルが混在しているのもこのエリア。

マハバン・ドゥーラ公園には、1948年にイギリスから独立したのを記念に建てられた独立記念塔があり、市役所や最高裁判所などもこの周りにある。ヒンズー教のお寺以外、全部一緒に見られる。
===============


マハバン・ドゥーラ公園の前でバスをおりて少し散策。公園の脇には屋台もあり、たくさんの人で賑わっています。









LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...