2017年5月18日木曜日

ミャンマー旅行記#15-灼熱の地面を裸足で歩いてゴールデンロックへ

旅行期間:2017年2月

2日目

裸足になった途端、じっと立っていられないほどの熱さが足の裏を襲ってきました。この日はカンカン照りで、地面が太陽の熱で容赦なく焼かれていたためです。

大理石やマットの上はそこそこ大丈夫なので、そいうところをなるべく選んで歩きましたが、ないところは小走りで走り抜けながら進んでいきました。


















入口からゆるい坂を上り少し行くと、最初の展望ポイントがありました。ここから遠くにゴールデンロックが見え、手のひらに載せているようなトリック写真を撮ることができます。










展望台の先は、山頂とは思えないほどの広い広場になっていて、白い地面に太陽の光が反射してとても眩しい。サングラスは必須です。




熱い熱いと言いながら入口から15分ほどで、ゴールデンロックの姿が目の前に見えてきました。




【関連リンク】
水上村が広がるミャンマーの「インレー湖」をボートで巡る
落ちそうで落ちない!ミャンマー「ゴールデンロック」の写真スポットと道のり
仏塔が奏でる音色に感動!ミャンマー「カックー遺跡」を巡る
ミャンマーの水上コテージ「ミャンマートレジャーリゾート」はインレー湖の夕日の名所


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)





0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...