2017年3月4日土曜日

中国湖南省旅行記#56END-張家界から上海経由で帰国

旅行期間:2016年4月~5月

5日目

搭乗時刻になっても飛行機がやってこないのでどうしたのかと思っていたら、どうやら天候不良のため、向こうの空港を離陸できないらしい。到着は未定ということで、ひたすら待つしかないとのこと。

6日目
日付が変わり、絶望的になってきたところで、水とカップラーメンの支給がありました。食べる気にもならず椅子に寝転がっていたら、しばらくしてようやくアナウンスがあり搭乗開始。すでに時刻は1時半になっていました。本来の予定なら、もう上海に着いている時間です。





約2時間で上海に到着。そこからホテルへ向かい、部屋に入れたのが5時前。もう朝でしたが、それでも、シャワーを浴びてベッドに横になれたのはかなりありがたい。

 

 


数時間眠って朝7時半起床。8時にホテルのレストランで朝食を食べ9時半に出発です。

 






10時ごろ空港に着きチェックイン。
その後搭乗口で待っていると、目の前をセーラー服を着てうさぎの耳をした白髪のおじいさんが通って行きました。マネージャーというか、お世話役のような人がそばについていたので、どうやらちょっとした有名人っぽい。この方とは、飛行機の座席も近くて、さらに成田に着いて入ったカフェでもお会いしました。




12時過ぎ、上海発の飛行機はほぼ定刻で出発。

 




16時成田に無事到着し、お世話になったみなさんともお別れです。

今回は短い日程の旅行でしたが、武陵源、鳳凰古城、芙蓉鎮など、湖南省の見所がぎゅっとつまっていて内容の濃いものでした。
武陵源の絶景と鳳凰古城の夜景は一見の価値ありなので、次の行先を迷っている方はぜひ候補に挙げてみてください。

おしまい


【関連記事】


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)





0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...