2017年2月17日金曜日

箱根湯本温泉一人旅旅行記#11-温泉の守り神として親しまれている白山神社

旅行期間:2017年1月

2日目

早雲寺から旧街道をはさんだ向かい側に、温泉の守り神として親しまれている白山神社がありました。こちらは、ほんわかとした雰囲気の早雲寺に比べると荘厳という言葉が似合います。















境内の奥へ行くと金色の鳥居があり、その先に大きな岩が見えました。山の斜面を登って行くと、今にも転げ落ちてきそうな大きな岩にはしめ縄が巻かれ、どうやら祀られているようです。












なんとなく立ち寄って偶然発見した岩ですが、なんだか力強いパワーを分けてもらったような気持になりました。
岩とお別れし、再び斜面を下って神社を後にします。






【今回の取材記事はこちら】
一人旅歓迎の温泉宿!箱根湯本「養生館はるのひかり」で日常を離脱する逗留湯治


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)





0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...