2017年2月9日木曜日

箱根湯本温泉一人旅旅行記#05-眠気を誘う「養生館はるのひかり」の温泉

旅行期間:2017年1月

1日目

一通り館内を見て周った後は、宿泊棟にある温泉に入りに行きました。
宿には浴場が二か所あり、時間で男女が入れ替わります。今の時間は、女性は二階にある広い方のお風呂でした。







脱衣所には、水に濡れても大丈夫な防水加工をされた本が置いてあり、誰でも自由に利用することができます。




さっそく一冊持ってお風呂の中へ。(お風呂の写真はこちら



カランは3つあり、それぞれ離れているので隣に人がいてもあまり気になりません。洗い場には本物の「石けん」が置いてあり、肌にとても優しいそうです。

こちらの浴槽は温度別に3つに分かれていて、奥から手前にかけてぬるくなっていきます。温泉は、源泉掛け流しの弱アルカリ性のお湯で、一番の効能は眠たくなること。宿のキャッチコピーに「くすりよりぐっすり眠れる湯治の湯」というのがあるほどで、お風呂の中で寝てしまう人も少なくないとか。

実はこの「眠たくなる」効能というのは入浴後に知ったのですが、この時実際に「なんか眠いな~」と感じていたので、後で聞いてとても納得できました。


【今回の取材記事はこちら】
一人旅歓迎の温泉宿!箱根湯本「養生館はるのひかり」で日常を離脱する逗留湯治


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)





0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...