2016年11月2日水曜日

福島県裏磐梯旅行記#12-磐梯山「八方台登山口」から、かつての湯治場「中ノ湯」へ

旅行期間:2016年10月

3日目

八方代登山口からは、まさに熊が出てきそうな森の中を登っていきますが、まだ道も歩きやすく斜度もそんなにないため、周りの景色を楽しみながら歩くことができます。











およそ35分ほどで「中ノ湯」に到着。普段、山歩きなどしない高齢の両親と一緒だったにもかかわらず、ほぼコースタイム通りに着くことができました。




中ノ湯
明治の噴火以前、磐梯山の中腹には、上ノ湯と中ノ湯と下ノ湯の3つの湯治場がありました。しかし1888年の噴火により上ノ湯と下ノ湯は壊滅し、中ノ湯に宿泊していた人のうち数人だけが助かりました。その中の一人、新潟県から来ていた住職の鶴巻浄賢(つるまきじょうけん)は貴重な噴火体験を証言しています。(案内板より)


中ノ湯には今でも温泉が湧き出ていて硫黄の香りが漂っています。山小屋は崩れてもう誰も利用していませんが、本当にいい場所にあるので、再開することがあれば泊まってみたい。






晴れていれば目の前に磐梯山の姿が見えるのですが、今回は残念ながら真っ白。見えるとこんな感じです(2014年7月に撮影)。↓




【裏磐梯観光のガイド記事】
五色沼の絶景スポットはここ!福島県の裏磐梯「五色沼湖沼群」の散策ポイント
磐梯山と五色沼トレッキング!日本百名山の山頂まで登って360度の絶景を見よう

【スタンダードな裏磐梯レイクリゾートの部屋プラン】
裏磐梯レイクリゾート 本館 五色の森(旧:裏磐梯猫魔ホテル)

【ワンランク上の裏磐梯レイクリゾートの部屋プラン】
裏磐梯レイクリゾート 新館 虹の森(旧:裏磐梯猫魔ホテル)


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)





0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...