2016年10月22日土曜日

福島県裏磐梯旅行記#02-五色沼もすぐそこ!桧原湖畔に建つ「裏磐梯レイクリゾート」のデラックスツイン

旅行期間:2016年10月

今日から3連泊する「裏磐梯レイクリゾート 本館 五色の森(旧:裏磐梯猫魔ホテル)」は、桧原湖畔に建つ絶好のロケーションで、裏磐梯の見所のひとつ「五色沼」へも徒歩数分で行くことができます。

このホテルは、去年の10月にリニューアルオープンしたのですが、その前は「星野リゾート裏磐梯ホテル」でした。実は、「星野リゾート」時代にも泊まりに来たことがあるのですが、そのときよりも今回の方がかなり好印象。詳しいレポートはこの後書いていきますが、とても満足できる滞在となりました。

さて、ホテルに到着してロビーに入ると、ハロウィンの装飾がされていました。そこでホテル側からの説明を聞いて部屋へ向かいます。




今回割り当てられたのは5階の最上階にある前室付のデラックスツイン!いつも愛用しているバスのフリーツアーだとあまりいい部屋はくれないので、これはかなりうれしい采配!



ルンルン気分で部屋に入ると、これまた広々とした空間でさらにテンションアップ。今回は3人なので、一人は前室にあるエキストラベッドなのですが、サイズは小ぶりなものの折り畳みとかソファベッドとかではなく、ちゃんとしたベッドで申し分ない。その隣のメインの部屋に二つのベッドと、そこから続いているリビング的な一角にゆったりとしたソファセットがあり、なんとも贅沢な間取りです。

窓からは吾妻の山並みも見え、ここに三連泊できることにみんな大喜びでした。洋室だと部屋のほとんどがベッドに占領されるということも多いですが、この部屋では、みんなが集まって座れる場所があり色々話しもできてよかったです。

 

 

 

















 

 

 

 


荷物を置いて、ちょっとホテルの周辺を散歩してみることに。五色沼と桧原湖の端っこに行ってみましたが、もう夕暮れも近くけっこう冷えてきたので早々に帰還。




ホテルのロビーにサービスで置いてある温かいお茶があったので一杯いただき、フロントの脇にあるお土産屋さんを覗いてみました。以前に来たときはちょっと暗いスペースでしたが、今ではすっかりおしゃれな空間に変わり、お店の一角にはアクティビティコーナーと、さらに奥にはギャラリーも併設されていました。品揃えも多く地元の野菜や工芸品などもあり、見ているだけでも楽しめます。


















このホテルには他にも楽しい場所があるので、後で探検しに行ったときにご紹介します。


【裏磐梯観光のガイド記事】
五色沼の絶景スポットはここ!福島県の裏磐梯「五色沼湖沼群」の散策ポイント
磐梯山と五色沼トレッキング!日本百名山の山頂まで登って360度の絶景を見よう

【ワンランク上の裏磐梯レイクリゾートの部屋】
裏磐梯レイクリゾート 新館 虹の森(旧:裏磐梯猫魔ホテル)


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)





0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...