2016年9月7日水曜日

野地温泉旅行記#02-標高1200mの「野地温泉ホテル」

旅行期間:2016年8月

1日目

今日から2泊する「野地温泉ホテル」は、標高1200mに位置する山の中のホテル。周辺は豊かな自然に恵まれ、鬼面山(1482m)や箕輪山(1728m)、安達太良山(1699m)などへの登山口が近くにあります。

まずは、ヨーロッパ調の家具が置かれたロビーで宿の人からホテルの説明、そのあと部屋へ向かいます。エレベーターの脇には、モモンガの「モモちゃん」が飼われているカゴがあり、中を覗くと小さなかたまりが丸くなって寝ていました(ほとんど眠っているそう)。









今回案内されたのは本館の部屋。造りはごくシンプルで、あくまで温泉メインという感じ。しかし、駐車場側の部屋からは、天気が良ければ福島市街の夜景や雲海が見えるそうです。





 


テーブルの上にはお菓子の他に、「鬼面漬け」というお茶請けがありました。これはちょっと珍しいかも。

 


一息したところで、さっそく浴衣に着替え自慢の温泉へ向かいます。


こちらの記事jも参考に
標高1200mの濁り湯!福島「野地温泉ホテル」の多彩なお風呂で温泉三昧


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)





0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...