2016年6月5日日曜日

中国湖南省旅行記#10-いよいよアバターの世界へ!奇岩が織りなす渓谷を見ながら空中散歩

旅行期間:2016年4月~5月

2日目

百龍エレベーターで降り立ったところは、標高約1000mの袁家界というエリアで、アバターの世界そのままの景観が望める武陵源の中でも人気高いスポットです。そのため観光客も多く狭い遊歩道を歩くのは一苦労ですが、それでもここは絶対に訪れるべき場所。

それではまず、エレベーターの乗り場から「迷魂台」や「天下第一橋」を経て次のバス停までの様子をご紹介していきましょう。



 









このあたりから道も細くなりかなり混んできます。たまに人を乗せた籠が通ったりもするので道を空けるのが大変。
展望台は狭いところが多く、遠慮していい場所を空くのを待っているとどんどん横入りされるだけなので、少々強気に割り込んでいきましょう。人を入れないで構図のいい写真を撮るには、一番前に出るか自撮棒で工夫するしかありません。























 

 


















ここまでだいたい1時間45分ほど。
アバターのモニュメントもあったりと、映画を観た人ならきっとあまりにそっくりな世界が広がっていて驚くと思います。


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)





0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...