2015年12月23日水曜日

キルギス・カザフスタン旅行記#49-天山山脈の固有種シュマルハウセニア・ニュドランス種

旅行期間:2015年7月

6日目

山道を下り渓谷の中へ入って行きます。
山間には草原が広がり、ポツポツと集落も見えました。








高山植物が咲いているところで写真ストップしながら進んでいきます。













渓谷の奥まで行くと道は上り坂になり、今度はどんどん標高を上げていきます。




















すると、さらにすごい植物が現れました。
天山山脈の固有種シュマルハウセニア・ニュドランス種の登場です。

ドレスを広げたようなゴージャスな形でとても個性的。これが、あたりにポコポコとたくさん自生しています。サイズも結構大きく目のような花がついているので、何かの生物にも見えなくもない。
この群生は、植物好きにはたまらないかも。










↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)




0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...