2015年7月30日木曜日

キルギス・カザフスタン旅行記#08-国立歴史博物館

旅行期間:2015年7月

2日目

ランチの後は、ビシュケクの市内観光です。
まずは、貴重な社会主義時代ものとキルギスの伝統的な文化に関する展示がされている国立歴史博物館へ。
館内で写真を撮る場合は200ソム(日本円で400円くらい)払う必要があります。

=====ガイド=====
博物館の1~2階は主に社会主義のものが展示されている。社会主義のものはもっともここに集まっていて、世界の中でもここでしか見られないものもあるかもしれない。3階は歴史や伝統的なものでユルタも展示されている。
================

建物に入って目の前の階段を上ると社会主義時代の階です。ここには革命時などの大きな像やレリーフがいくつもありけっこう迫力。
また、「レーニンが正しい道に導いてくれるのでみんなで大切にしよう」ということで、いろいろな言葉で「レーニン」と書いてある展示があったのですが、その一番最後には日本語の少々変なカタカナで書いてありました。

 



 





 



 

 





 












続いて上の階へ。
昔の生活道具や伝統的な織物、アクセサリーなどデザインがステキで見ていて楽しい。馬関係の展示が多いのもこの地域を表していると思います。キルギスの英雄マナス関連の展示もありました。
そして、明日行く世界遺産のブラナの塔とアク・ベシムの模型や想像図もあるので、行く前に見ておくとより現地で楽しめるでしょう。



 











 



 







 

 



 







 

 



 

 



 

 

 


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)




0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...