2015年7月29日水曜日

キルギス・カザフスタン旅行記#07-ビシュケクでボリュームたっぷり中央アジアのランチ

旅行期間:2015年7月

2日目

ここからランチのお店までは20分くらいだったのですが、途中、道路工事に道を阻まれ大きく迂回。
日本だったら道の入口に工事中の看板が立っているものですが、ここではそういうものはありません。

 



 


ようやくDiyar(ディアル)というレストランに到着。
ウイグル系の名前らしく建物もそんな感じですが、料理はウイグルじゃないそうです。
内装はとてもおしゃれで、天井からはけっこうな勢いのミストシャワーが噴射。

 

 



メニューは、スープ、サラダ2種、ダパンジ(うどんのようなもの)、パン、紅茶。
サラダといっても、そのうちのひとつはスパイシーな肉料理。ダパンジはじゃがいもと肉の煮込みを麺にかけていただくようですが、すでに麺に味がついているので別々でもいいかも。このときは麺の他にごはんも出てきました。
どれもボリュームがあり味もよく、なによりパンが美味しいのに感動。













 


これからの行程で出てくる料理が楽しみです。
ビールと一緒におなかいっぱいいただきました。


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)




0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...