2015年3月24日火曜日

スリランカ旅行記#28-第4、5窟(世界遺産のダンブッラ石窟寺院)

旅行期間:2015年1月

4日目

スサンタさんに続いて一番奥まで進みます。

 

 



まずは、第5窟のデワナ・アルト・ヴィハーラの石窟。
5つの中では一番新しく1915年に作られたそうです。
中に入ると小さな部屋に寝仏が横たわっていました。

=====ガイド=====
涅槃像に見えるが涅槃像ではない。涅槃像というのは足が少しずれているが、ここのは揃っている。こういうのは少し休んでいるだけという意味。涅槃は亡くなっているからずらしている。
仏像の色だけときどき塗りなおす。上のはそのまま。
================














続いて第4窟のパッツィーマ・ヴィハーラ(三人の王の寺)。

=====ガイド=====
一番古い部屋。塗りなおしている仏像もあるが天井や仏塔は2000年前のもの。
================












スサンタさんから話のあった、女性が座って問題になった仏像は第4窟にあり、他のに比べると真新しい黄色に塗りなおされています(上の写真の奥にある仏像らしい)。それはその女性が座ったために法力がなくなったので清めるためにそうしたのだそう。
現地の人の想いと観光マナーは守りたいですね。


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)




0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...