2015年1月10日土曜日

大町温泉と信濃大町旅行記#04-大町温泉の観光案内所から山岳博物館へ

旅行期間:2014年12月下旬

2日目
今日は朝からいい天気。
写真を撮りに出かけるので、バイキングの朝食をしっかりいただきます。




8時50分ホテルを出発。
ホテルのある大町温泉は山の麓にあり、北アルプスを一望するにはちょっと近すぎます。
そこで、どこかいい写真ポイントがないかどうか、観光案内所で聞いてみることにしました。

 





建物に入ると、いかにも地元を知っていますというようなおじ様が二人いて、私の質問にいろいろと丁寧に教えてくれました。
そして、山岳博物館からの景色がお勧めだという情報をゲット(地元の人は山岳博物館のことを「さんぱく」と呼んでいた)。
大町温泉から博物館のある信濃大町までは路線バスもありますが、この時期は日に3本しかないので、7時26分のを逃すとお昼過ぎまでありません。

そのため、午後になると雲が出てくるかもしれないので、今のうちにタクシーで行くことにしました。
近くにタクシー乗り場もありますが、親切にも観光案内所まで呼んでくれるとのこと。
タクシーがくるまでの間、このあたりのことをいろいろと聞かせてくれました。
とても親切に対応してくれるので、大町温泉に行かれた際は、立ち寄ってみるといいかもしれません。

ほどなく人のよさそうな運転手さんのタクシーが到着。
案内所のおじさんたちにお別れして乗り込みます。
山岳博物館で山を見るのだと言うと、運転手さん曰く、この時期は例年だと雪もまだこんなに降ることもなく、真っ白になった北アルプスを今日のように白馬まで綺麗に見えるのは珍しいとのこと。
確かに大町温泉から離れるにつれ、白い山脈が雲にどこも隠れることなく広がってきます。

テンションも上がりまくった頃、山の中腹にある山岳博物館に到着(案内所からここまで2800円ほど)。
まったく見事としかいいようのない絶景パノラマが飛び込んできました。


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)




0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...