2014年12月4日木曜日

万座温泉旅行記#05-日進館のお風呂と温泉の効能

旅行期間:2014年11月下旬

1日目

部屋に戻った後、さっそく温泉に入りに行きました。

日進館のお風呂と温泉の効能(パンフレットより)


長寿の湯
  • 姥湯
    皮膚病、リュウマチ神経痛や外傷の後遺症等、さまざまな疾患に効果的です。
  • 姥苦湯・ささ湯
    硫黄泉で便秘をよくし新陳代謝をさかんにし、胆汁の分泌をよくして消化吸収を高め、肝臓疾患、糖尿病、慢性気管支炎等に効果。浴泉は皮膚病、リュウマチ、動脈硬化症、外傷の後遺症にもよく効きます。苦湯に比べ多少薄いため、皮膚の弱い方にも向いています。
  • 苦湯
    万座最古の温泉の王様。胃痛、胃炎、神経性胃炎、神経痛、ゼンソク、リュウマチには最高の効きめです。苦湯で難病をなおした方は数多く、全国に昔から苦湯のファンが多くいます。故福田総理も苦湯のファンでした。(苦湯の会)
  • 滝湯
    適度の高さにより温泉が落ち肩を滝の下へ持っていきますと自然の温泉マッサージ・リュウマチ性疾患(肩や腰の痛み)関節痛、神経痛、肥満症などに効果、疲労回復にはビタミン剤よりも効果があります。
  • 真湯
    普通のお湯にも近いものですが、酸がいくぶん含まれています。万座の温泉の中では石けんがきくめずらしい泉質。新陳代謝にも大変よいです。





極楽湯
万座温泉の露天風呂の中では最も景色のよい風呂。国立公園の大自然のまっただなか。朝早く起きて日の出を見ながら風呂に入れば気分は爽快。神経性ストレスに最も効果があります。

万天の湯
極楽湯とは又違った景観の中で温泉を楽しんで頂けます。糖尿病、高血圧症、慢性皮膚病、膠原病、癌、心臓病、リュウマチ等に効果があると言われています。

貸切風呂 円満の湯
当館唯一の貸切家族風呂です。慢性胃腸病、神経痛、リュウマチ、糖尿病に効果があると言われています。




まずは入り口の脇にある「長寿の湯」へ。
天井も高く広い内湯にはもうもうと湯気が立ちこめ、4つの湯船が配置されています。さらに外に屋根付きの露天風呂が2槽(姥苦湯とささ湯)あり、温度が高い方がささ湯、低い方が姥苦湯になっています。
私は外のお風呂へ。寒かったので最初は熱めのささ湯に行きましたが、特に熱いとは感じないくらいの温度です。

外はもう暗くて景色は見えませんが、ほのかに香り立つ乳白色のお湯が気持ちいい~~
やっぱり硫黄泉は温泉に入っているという実感がわく泉質だと思う。


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)




0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...