2014年11月27日木曜日

万座温泉の日進舘 (旧:万座温泉ホテル)に行ってきた

日本一の硫黄濃度を誇る万座温泉に行ってきました。
宿泊したのは標高1800mに位置する「万座温泉 日進舘 (旧:万座温泉ホテル)」。










湯治場としても150年の歴史があるので、古き良き日本の温泉宿という感じです。
お客さんも常連のおじいちゃんおばあちゃんや湯治客も多く、全国各地からこの山奥の温泉までやってきているよう。そのリピート率と定着率を見ると万座のお湯の効能と人気の高さが伺えます。
宿の人の話によると、近くの草津温泉のお湯に比べると少し優しいのだそう。

私は初めて訪れたのですが、乳白色の硫黄泉が好きな私にはど真ん中の温泉でした。以前行ってとても気に入った奥塩原元湯温泉の泉質と似ていて、あの薬草のようないい香りもそっくり。肌もつるつるになり、本当に満足できました。



2泊3日したのですが、2~3泊目は雪になり、風情ある雪見風呂を満喫。
天気が雪だった分、あまり外にもいかず、朝から晩まで温泉三昧の旅になりました。








くわしい旅行記はこれから少しずつ公開していくので、よかったらご覧ください。


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)




0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...