2014年10月3日金曜日

奥塩原元湯温泉と塩原自然研究路トレッキング記#07-新湯富士山登頂

旅行期間:2014年9月下旬

2日目

なんだかこの山一帯が、あまり手の入っていない原生林という感じで、苔がむした感じを見ても、それほどたくさんの人が歩いていないような気がします。
実際、今回の山歩きの途中で会った人といえば、たったの3人でした。
これから紅葉の季節になればきっと、ものすごく綺麗な場所だからたくさん人が来るのかな?

 

 





途中、「高原火山」と書かれた案内板がありました。

高原火山
高原山は、北側の塩原火山と、南側の釈迦ヶ岳火山からできています。
今立っている場所は、塩原火山の寄生火山である富士山の中腹で、火山活動の名ごりの噴気孔があります。(案内板より)




少し行くと下り坂になって、景色全体が緑になるような森の中に出ました。
心なしか、空気が濃い感じがします。

 

 

 






この谷から少し急な登りがありますが、短いのでそんなにきつくありません。

 






そして、歩き始めて1時間、あっという間に新湯富士山頂に到着。
標高が1180mと低いため、周りは木に覆われて展望はありません。



 

 

 


予定よりも早くつきまだ11時すぎですが、ここで持参したおにぎりで昼食。
他には誰もいないとても静かなランチタイムでした。


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)




0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...