2014年4月19日土曜日

ドイツ生まれの入浴剤「クナイプ」の香りをアロマとして部屋で使う




お風呂に入るときに、おすすめの入浴剤としてドイツ生まれの「クナイプ」のバスソルトをご紹介したことがありますが、あれから色々な種類をそろえて、最近、その香りを部屋の中でも利用しています。

好きな香りのクナイプを小皿に少し盛って部屋に置いておくだけなのですが、それだけでいい香りが部屋に充満します。
(上の写真は「カミーレ」で、ほのかな甘い香りがとっても心地良い)


使ったやつは、次に入浴するときに新しいのと混ぜて使うと香りも保たれるので問題ありません。
クナイプは少々お高い(その分効き目はあるが)ので、最大限に利用したいですね。

ちなみに最近、肌の保湿効果があるという「カミーレ」↓の効き目に感動しています。


荒れ肌・あせも・ニキビなどの肌トラブルでお悩みの時にクナイプ バスソルト カミーレ(カミツレ...



カミーレ<カミツレ>
2億5千万年前の古代海水を精製した岩塩と天然ハーブの精油(エッセンシャルオイル)から生まれたドイツのバスソルト。
天然のミネラルを豊富に含んだ岩塩が保温作用を発揮します。疲労回復、肩のこり、腰痛、冷え症、神経痛、リウマチ、荒れ性、しっしん、しもやけに。

今から数千年以上前からすでにヨーロッパでは薬草として用いられていたと言われており、ヨーロッパで最も歴史のある民間薬とされています。保湿効果が有名です。
※製品の成分表示は「香料」となっていますが、天然ハーブの精油を使っています。(公式サイトより)


↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです↓
(ボタンは記事の一番下)




0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...