2013年6月19日水曜日

おすすめ本:ガリレオシリーズ「聖女の救済」

この間テレビでも放送された、ガリレオシリーズの

聖女の救済




これは、文庫が出たときにすでに読みましたが、東野圭吾作品の中でもかなりお気に入りです。

そのため、ドラマの方も楽しみにしていたのですが、綾音の役が天海祐希さんというのがちょっと私のイメージに合いませんでした。
綾音はもう少し、おっとりとして優しげな人なので、例えば鈴木京香さんとか、そんな感じの人がピッタリな気がします。


物語自体は、果たしてあんなトリックを使った犯行が実際に可能なのかどうかは別にして(決して不可能ではない)、その発想がすばらしい。
他につっこみどころはあれど、そのトリックだけで呻いてしまいました。

殺された真柴には同情できなかったので、終始犯人の味方をしながら読みましたが、ここで完全犯罪になってしまってはガリレオ先生の立場がないので、当然最後は解決されるのですけどね。

そして、すべてが明かされたとき、この本のタイトルの意味がわかるはずです。

原作とドラマや映画は違う感じになることは多々あるので、本のほうがまだだったらぜひ読んでみてください。おすすめです。


【本の概要】
資産家の男が自宅で毒殺された。毒物混入方法は不明、男から一方的に離婚を切り出されていた妻には鉄壁のアリバイがあった。難航する捜査のさなか、草薙刑事が美貌の妻に魅かれていることを察した内海刑事は、独断でガリレオこと湯川学に協力を依頼するが…。驚愕のトリックで世界を揺るがせた、東野ミステリー屈指の傑作。(「BOOK」データベースより)

↓この記事がお気に召したらソーシャルで共有してくれると嬉しいです(ボタンは記事の一番下)↓



0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...